ローフードと酵素栄養学

ローフードとは

巷ではよく耳にする「ローフード」。どんな意味か、どんな食べ物かご存知ですか?

セレブが好んで食べるもの?スムージーみたいなやつ?…いろんな声が聞こえてきましたが、ローフードについてまとめてみました。

1、そもそもローフードってどんなつづり?

ローフードのローはraw、すなわち「生の」という意味です。フードはご存知の通り、foodですので、直訳するとrawfood「生の食べ物」となります。

2、ローフードってなにを食べることを指すの?

生で食べることをするローフード、これってどんなメリットがあるのでしょうか?日本人は刺身などを食べることが多く、すでに生食は食べてるよ!という人も多いとは思いますが、ここでのローフードは野菜や果物、ナッツ類を生で食べることを指します。

3、野菜・果物・ナッツ類を生で食べるということ

これらには「生きている酵素」がたっぷり含まれています。簡単に言うと、ローフードの定義は「野菜、果物、ナッツに含まれる生きている酵素取り入れて健康になろう」というものです。私たち人間は生まれた時が100とすると、体内で作られる酵素は年齢とともに低下し、80歳ごろになると0に近くなると言われています。そもそも酵素というのは、消化や血のめぐり、免疫の維持に必要なもので、体内でもある程度作られますがやはり外から補うことも健康に生きるためには欠かせません。

4、ローフードで体内へ新鮮な酵素を補充する

前述の通り、人間の体内ではある一定量の酵素は作られますが、加齢に伴い年々減少するのも事実です。だからこそ、果物・野菜・ナッツからの酵素を補充することでよりいきいきとした生活が送れます。

 

まとめ

ローフード=セレブが好むスムージーというのもあながち間違っていませんが、セレブだけではなく私たちひとりひとりが誰でもできる健康法の1つであり、その摂り方はスムージーのみならず、単なるサラダという形でもありますし、またスイーツに応用する方法もあります。今後はローフードについてさらに詳しくお話をしていきますね♪

 

The following two tabs change content below.
森島 由貴/管理栄養士・美容スイーツマイスター 自分自身の花粉症・妊娠悪阻が“間違った食生活の影響で悪化した”ことを知り、食生活の中でも主に間食を見直すことにより、体調の改善を実感。この経験を生かして、小麦粉・白砂糖・トランス脂肪酸・乳製品を一切使用しない≪食べながらキレイに♡体に優しいスイーツ≫を開発し、名古屋を中心に美容スイーツマイスターとしてレッスンを開催中。また、食事+サプリメント指導も同時に行っている。
e-shoku 公式LINE@

e-shoku 公式LINE@はこちら☟

お友達追加してくださいね♥

The following two tabs change content below.
森島 由貴/管理栄養士・美容スイーツマイスター 自分自身の花粉症・妊娠悪阻が“間違った食生活の影響で悪化した”ことを知り、食生活の中でも主に間食を見直すことにより、体調の改善を実感。この経験を生かして、小麦粉・白砂糖・トランス脂肪酸・乳製品を一切使用しない≪食べながらキレイに♡体に優しいスイーツ≫を開発し、名古屋を中心に美容スイーツマイスターとしてレッスンを開催中。また、食事+サプリメント指導も同時に行っている。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腸を綺麗にすることのメリット